読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

園芸のことなど

南カリフォルニアで園芸・農業の勉強中。他のことも書こうと思います。

丘に咲く、黄色い花

今年の南カリフォルニアでは、あちこちの斜面にきれいな黄色の広がりを見ることができる。菜の花とはまた違った少し淡い黄色で美しい。花の黄色が絶妙に緑と混ざり合っていて、モネの描く風景画のように、点々とした色彩の中に淡いまとまりがあるような印象だ。

 

f:id:pohon:20170428074110j:plain

 

その風景を毎日見ていると、あの花はいったい何の花だろう?という疑問が湧いてくる。しかしこの車社会ではいつでも運転中なので写真は撮れないし、凝視もできない。たまに助手席に乗っていても、花があるのは大抵高速道路沿いで、時速100キロ以上で走行しているのでうまく写真に写らない…。そして花は遠い。

 

f:id:pohon:20170428075159j:plain

カメラを起動している間に通り過ぎてしまう。本当はもっときれいなのに!

 

そんな苦節一か月を経て、ようやく花の正体が分かってきた。黄色い花は主に2種類。一つはBlack Mustard (Brassica nigra)=クロガラシ。アブラナ科なので菜の花にも似ているけど、それよりも全体的に白っぽく、茎も広がって自由な方向に延びていて可愛い。

 

f:id:pohon:20170428074301j:plain f:id:pohon:20170428074415j:plain 

 

もう一つは数日にわたってインターネットで調べるもはっきりしない。何だろう?おそらくMayweed (Anthemis cotura)=カミツレモドキ、若しくはGolden Marguerite (Cota tinctoria)=コウヤカミツレではないかと思う。どなたか分かりますか?

 

f:id:pohon:20170428074642j:plain f:id:pohon:20170428074823j:plain

 

実は写真を撮る機会を逃したり、調べたり、ぼーっとしているうちに二か月が過ぎてしまい、Black Mustardの開花は落着いてきてしまった。現在はこちらの方が花盛り。

庭では雑草として扱われる花も広範囲で群生していたり、適所にあれば素敵に見える。今年も雨が降って来年もたくさん花が咲くと良いな。

 

 

Spring 2017 病害虫と管理(IPM) その2

トマトと混植しているマリーゴールドに白い点々が出ているという話のつづき。

その鉢には他の問題が発生しているのだ。 その問題によってマリーゴールドがウィルスに感染してしまったのだ、と私は睨んでいる。

 

pohon.hatenablog.com

 

 

問題というのは、2ミリ位のちっこい虫である。虫や微生物はウィルスの主媒体なのだ。彼らはどう考えても植木鉢に住んでいる。水やりをする度に数匹ふわふわーっと飛んで、また土に戻っていくのだった…。

ちょっとずつ増えている気もするし、気になるので彼らのこともカリフォルニア大学のIPMウェブサイトで調べた。

Home Page - UC Statewide IPM Program

 

おそらくコバエの一種と思われるので、今回は虫の項目からハエと蚊カテゴリー、「不快なハエ類」を検索。(不快じゃないハエ類がいるのか?)

見たくないけど一つずつチェックし、「キノコバエ(Fungus gnats)」にたどり着いた。

 

  • 特徴:成虫は1.5~3ミリ。見た目は蚊に似ており、細い足を持つ。翅は薄いグレー若しくは透明。あまり飛ばず、植木鉢付近などに留まっていることが多い。メスは有機物の残骸や有機用土に卵を産み付ける。
  • 被害:成虫は見た目に不快なだけで、植物にダメージを与えることはない。幼虫が増えすぎると根に被害が出ることがある。しかし多くの場合、キノコバエによる被害よりも、土の排水性が悪いことで根が不健康な状態になっており、そのせいで植物が弱っている。
  • 対処法:水分の過多と有機物をなくすことがキノコバエを減らす鍵である。土の排水性を高める。水をやり過ぎない。有機肥料を使用しない。トラップを仕掛けるのも手である。

 

ルーペがないので詳細が確認できないが、植木鉢の住人はこいつだ!基本的には気にしなくて良さそうなので一安心。

やはり、昨年買った有機培養土が良くなかったのだ。パッケージに騙されてはいけない。今度から安定のE.B.Stoneの培養土しか買わないことに決めた。土は3月の植えつけ時に軽石を入れて改良し、水はけが格段に良くなったので喜んでいたのだが、それでも保水性が高いとは残念だった。もっと軽石を増やすべきなのか?有機肥料はやめられないので諦めるしかない。トラップ…検討します。

 

f:id:pohon:20170419040454j:plain

結局軽石を少し足した。ついでに支柱。葉っぱは点々模様だが、花は咲いているマリーゴールド。

 

 

このように植物の被害などを観察することがIPMでは第一で、植物に打撃的な被害がない場合は見守ったり、最小限の対処に留めることを奨励している。この姿勢がとっても共感できる。

それは肥料でも同じことで、たとえ有機肥料であっても使いすぎたら植物にも吸収されずに水に溶けて外に流れてしまう。それが他の生態系に影響を及ぼすこともある。なので、すべてにおいて適量、適時が大切なのだ。

見極めが難しいけど、日々勉強。頑張ろうと思う。

Spring 2017 葉っぱに白い点々…病害虫と管理(IPM)

先日植えたマリーゴールドの様子が良好でない。蕾は多いのに花がなかなか咲かないし、葉っぱに白い点々と黒い粉みたいなものが見える。苗をもらった時から花の蕾が茶色く萎れていたり、健康とは言えない様子だったけど、何かの病気だろうか?

こんな時は大学で教わったIPM (Integrated Pest Management) の出番である。 

 

f:id:pohon:20170414152802j:plain

マリーゴールドの葉。白い点々がある。

 

 f:id:pohon:20170416074802j:plain

茶色く萎んでいる蕾も多い。

続きを読む

Spring 2017 植えつけ

秋は失敗に終わったプランター、土を改良して再度トライ。

学校で売れ残った6パックのフレンチマリーゴールドをもらったので、今回はそれと相性の良さそうなトマトを植えた。

 

ちなみに6パックとは、6つの苗ポットが連結しているものでアメリカではどこでもこの6株セットが売られている。庭が広いのだろう。一株売りだと日本で見慣れたサイズより一回り大きい4インチのポットかそれよりも大きいサイズの苗が多く見られる。値段もハーブ、野菜苗(4インチ)で一苗$4~5する。(6パックの写真撮り忘れた…)

お金と植えるスペースがあまりない身としては、3株セットとか、もう少し小さい苗にして安くしてほしいところである。

 

それはさておき、我が家のプランターの話。

以前使っていた培養土は土が常に湿っており明らかに保水性がありずぎたので、改良するために園芸店へ。何とかする方法はないか、と店員に聞いてみた。

「これを混ぜてみて。」

 

f:id:pohon:20170329052128j:plain

 

ということで、今朝購入したのがVolcanic Pumice。直訳すると火山軽石?パッケージ裏面には「土の排水性と通気性を高める」と書いてある。とりあえず適当に3カップ程度混ぜ、元肥をやり、植えつけた。

(今更だけど、土がアルカリ性に傾いたりしないのだろうか?)

 

 f:id:pohon:20170329052356j:plain

マリーゴールドは2株位が良いのではないかと思ったが、このまま枯らすのも可愛そうなので4株もトマトに混植してしまった。残った2株はとりあえず一回り大きいポットに植え替えた。誰かにあげようと思う。

 

f:id:pohon:20170329053429j:plain

 

そしてこちらは秋から室内で育てているバジルの様子。細々と、しかし元気に生きている。

 

f:id:pohon:20170329054031j:plain

 

 本日の気温:78°F / 25.6°C

サクラ咲く、ソウカル(So Cal)

So CalとはSouth Californiaの略。

南カリフォルニアでは先週辺りから桜がきれいに咲いている。気温もぐんと上がって80°F(26.7°C)を超える日も!春というか、すでに初夏。

 

f:id:pohon:20170317072212j:plain

 

f:id:pohon:20170317074439j:plain

手前の木は葉桜に。一番見ごろだった先週は写真を撮り忘れた…。

 

 

前回紹介したカリフォルニアポピーも週を追うごとに株が増え、花を次々と咲かせている。除草もほぼほぼ完了。(最初に取り掛かっていたところはもう生えている…)

 

f:id:pohon:20170303152211j:plain    f:id:pohon:20170317072631j:plain

2週間前の様子                    先週の様子

 

f:id:pohon:20170317074022j:plain

 本日の様子

 

pohon.hatenablog.com

 

 

そして目を見張る成長を見せているのは花だけではなく、雑草の勢いがとにかくすごい。ボランティアの帰りに庭園横の道路脇を歩いていたら、目を疑うようなサイズの雑草があり思わず声を発してしまった。そして激写。

 

f:id:pohon:20170317073148j:plain

携帯の写真だと存在感が伝わらないのが悔しい…。

 

通常ノゲシ(Sowthistle)は50cm以下のものをよく見かけるが、そいつはなんと高さ1m以上、茎の直径約7cmととてつもなくでかい。ノゲシの割につやつやしていたので帰って調べてみると、オニノゲシ(Spiky Sowthistle)という種類のようだ。まさしく鬼の名にふさわしい姿だった。

 

桜を話題にするはずが雑草の話になってしまった…。冬の雨で十分に水分を補給し、カリフォルニアの太陽をいっぱい浴びた植物は強い。

 

本日の気温:74°F/ 23.3°C

カリフォルニア原産植物

アメリカへ来て、日本であまり気にかけていなかったことを気付かされることがある。原産植物への意識もそのうちの一つ。園芸業界全体に地域の原産植物を積極的に取り入れようとする姿勢があるのだ。

私が毎週ボランティアに参加している庭園でも、現在園内の一画にカリフォルニア原産であるカリフォルニアポピーを群生させようと試みている。

 

f:id:pohon:20170303151910j:plain

カリフォルニアポピー

 

f:id:pohon:20170303152211j:plain

この斜面に群生させるため、他の草を除草中。

 

南カリフォルニアではどの園芸店でも「一年草・多年草」、「落葉樹・常緑樹」、「ハーブ」などのカテゴリー分類の他に「カリフォルニア原産」というコーナーが設けてある。日本だと「山野草」という分類がそれに近いと思うけど、どこの園芸店にもある訳ではない。その土地原産の植物ということを意識して品種を選ぶことも少ない気がする。

これはアメリカと日本における自然保護に対する意識の違いなのかもしれない。アメリカでは地域多様性を保つために在来種を保全し、従来の生態系を脅かす外来種を規制しようとする取組が一般社会にまで浸透している。アメリカには固有種が少ないため外来種による生態系侵略被害が目に見えて感じられることと、行政機関や保護団体の広報が巧みであることに起因するのではないかと思う。

園芸店のような身近なところで原産植物を提案されたら、足を運んだ人は自然保護について考える機会が増えるし、取り入れやすい。情報を流すだけでなく、手軽に活動に参加できる環境が人々の意識を変えるのかなと思った。

 

地元(愛知)では環境に適応する園芸品種も多いし、周りは山なので色鮮やかな植物を育てたい気持ちになるけど、帰省したら私も調べて野草や原種も育ててみたいなと思うのであった。

Spring 2017来たる

新学期が始まり、新しい生活リズムにようやく慣れてきた。

南カリフォルニアではこの一か月、嵐が来たり雨が続いて各地で洪水や木が折れる被害が毎週出ていた。それも最近になって落着き、春が訪れたようだ。今までに見たことがないほど道路脇や山が青々とし、花まで咲いている。雨ばんざい。

 

さて、うちでは11月に水耕栽培を始めたヒヤシンスが花を咲かせた。とっても良い香りで寝室で良い仕事をしてくれている。

 

f:id:pohon:20170227090520j:plain

室内では少し暖か過ぎたようで、葉っぱの間から蕾を出す間も惜しんで開花し始めた。ヒヤシンスは本来もう少し大きくなると思うのだけど、可愛らしいので室内には小さいのも良い。

 

 f:id:pohon:20170227090703j:plain

バスルームにはカイランの花。ベランダで育てていたカイランがやはり細いままとう立ちしてしまったので、切って飾っている。白くて薄い繊細な花びらが春っぽくて愛らしい。いやあ、春だなあ。